トップページ > 積立式のがん保険

積立式のがん保険

" サラリーマンをしていた時に付き合いで積み立て式のガン保険に加入した。

 当時は保険について知識は皆無で「若いからガンにはならないだろうし付き合いとはいえ高い買い物したよな」

 と、言うくらいにしか考えていなかった。

 結局2年間で退職したのだが、付き合いで入っていた保険も解約した。

 あ~損したなくらいにしか考えていなかったのだが、解約金があるから翌月に指定の口座に払い込むとの話を受けた。

 それから少し経って銀行口座の残高確認の為に通帳を記帳したのだが予想もしていなかった金額が入金されていた。

 その当時はお金にも困っていたので大変ありがたかった事を覚えている。

 近年の資産運用の特集を見ると、保険は掛け捨てで積み立て部分を金融商品で運用した方が利率が良いとの特集が組まれていたが、そもそも投資に詳しく、商品を吟味する余裕もなく働いている人が多い。

 私の場合も保険商品の中身の説明は受けていたが、全てを理解はしていなかった。

 そんな人間に株や投資信託なんて無理で、時間も無く働いている人には積み立て式の保険は本当の意味での保険になっていた様な気がする。

関連するエントリー
生命保険の種類について
家族の生命保険
何かあった時は本当に助かる
切迫流産・早産で入院
生命保険に加入した結果
積立式のがん保険