トップページ > 上手にお金を貯める・運用する方法

上手にお金を貯める・運用する方法

" 若いときにお金を貯金するのって意外と大変ですよね。よっぽど意志が強くないとちょっとした欲につられて使い込んでしまったりなど、よくある話ではないでしょうか。意志の強い人は良いですが、自分は貯められないな、と思う人にはこういう方法を提案します。

 まずは、入院保障などがついている郵貯の積立保険。12年後には100万ほどのお金が降ります。もちろん7,8万は余計にとられますが、それは入院保障などがついている分のお金で月で考えると500~600円ほどのお金になります。それで入院保障が着いてくるなら、安いと考えていいのではないでしょうか。人間いつ何があるかわかりません。保険はひとつは必ずかけておいて損はないでしょう。それに保険にもよりますが約100万ほどのお金が貯蓄できるのが大きいです。ついつい手を出してしまう人にとってはこれが良いのではないかと思います。

 運用の方ですが、ある程度の大きなお金(元金)をもっているのなら、国債を買うというのも運用としてはいいかもしれません。ほかにも郵貯などもありますが、絶対に一定の期間使わないお金であると確定しているのなら国債が利率が良いのでおすすめです。

 最近FXや株などを進める本が多いですが、それらはハイリスク・ハイリターンでうまくいけば大きく儲けられますが、多くの場合は失敗して損をする場合が多いのでリスクを考える方はやめておいた方がいいと思います。国債は国にお金を貸す、という方式を取っているためローリスク・ローリターンではあるものの、ある程度のお金をお持ちの方ならただ銀行で寝かせておくよりは国債を買うという方法がお勧めです。1万円から購入可能なので、試しに買ってみるのもいいでしょう。ただ、国債は中途解約が早いと元金割れしてしまうので、当分使う予定のないお金で運用することが必須です。買い方にはいろいろあるので、インターネット等を使って事前に調べてみるのがベターだと思います。

"

関連するエントリー
営業について
上手にお金を貯める・運用する方法
必殺仕分け人
貯金するには結局は会社員にならざるをえない